不正咬合の種類と症例CASE

空隙歯列(すきっ歯)の症例 - 01

矯正前
矯正後
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)
空隙歯列(すきっ歯)

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

主な症状
空隙歯列(すきっ歯)
その他症状
上の前歯が開いてさらに出ている
患者様
10代 女性
治療法
マウスピース矯正(インビザライン)
動的治療期間
当初予定:12ヶ月 実際の期間:12ヶ月
抜歯の有無
抜歯なし、IPRあり
費用
900,000円+税
(精密検査・診断料 35,000円+税、矯正費用 865,000円+税)
想定リスク等
舌癖のコントロールができるかが大きなポイント。
その他、矯正治療全般に共通する代表的な虫歯、歯周病、歯根吸収、後戻りなどのリスク。
【担当ドクターのコメント】
上の前歯が開いて出ている前歯部離開の症例です。舌癖がコントロール出来れば問題なく治るケースでした。成人を超えると舌癖は治りにくいと言われてますが、まだ10代の患者様でしたので、舌癖がコントロールにも問題なく予定通りで矯正治療が完了することができました。