不正咬合の種類と症例CASE

過蓋咬合の症例 - 01

矯正前
矯正後
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合
過蓋咬合

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

主な症状
過蓋咬合、前歯のがたつき
患者様
40代 男性
治療法
マウスピース矯正(インビザライン)
動的治療期間
当初予定:24ヶ月 実際の期間:12ヶ月
抜歯の有無
抜歯なし IPRあり
費用
990,000円 税込
(精密検査・診断料 38,500円 税込、矯正費用 951,500円 税込)
想定リスク等
過蓋咬合は、咬み合わせ的にはⅡ級(上顎前突(出っ歯))の分類に入る。前歯の角度を変えたりする等のⅡ級の矯正治療においては、相当の時間がかかる可能性があった。
その他、矯正治療全般に共通する代表的な虫歯、歯周病、歯根吸収、後戻りなどのリスク。
【担当ドクターのコメント】
過蓋咬合(咬み合わせが深い)の症例です。Ⅱ級(上顎前突(出っ歯))に分類される過蓋咬合ですが、歯軸は内側を向いているため見た目は出っ歯ではありません。このため診断にて「Ⅱ級(上顎前突(出っ歯))」と指摘されて驚かれる患者様が多いです。
この患者様も、前歯の出具合は気にしておられず、叢生のみの改善を希望されました。この場合、インビザラインが最適な治療法で、必要な歯牙のみ移動させ、動かさない歯は維持する、また前歯の角度もほぼ変えずに治療できたことで(ワイヤー矯正は全ての歯牙が動いてしまう)、患者様のご希望通りの治療が短期間で行うことができました。