不正咬合の種類と症例CASE

不正咬合とは、歯並びや咬み合わせの状態が良くない状態のことを言います。
不正咬合の場合は、見た目が気になるだけでなく、滑舌が悪くなったり、歯ブラシが行き届きにくいことで汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病の原因となったりします。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

叢生とは、いわゆる「乱ぐい歯」のことです。「八重歯」もこの一種です。歯と顎の大きさのバランスが悪いことが原因で、歯と歯が重なって凹凸になっている状態をいいます。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

叢生(乱ぐい歯・八重歯)の症例

  • 叢生(乱ぐい歯・八重歯)
    • [症状] 叢生(乱ぐい歯・八重歯)
    • [治療法] インビザライン
    • [患者様] 20代 女性詳細
  • 叢生(乱ぐい歯・八重歯)
    • [症状] 叢生(乱ぐい歯・八重歯)
    • [治療法] インビザライン
    • [患者様] 10代 女性詳細

上顎前突(出っ歯)

上顎前突とは、いわゆる「出っ歯」のことです。上顎の前歯が前方に傾斜していたり、上顎の歯全体が前に出ている状態をいいます。

上顎前突(出っ歯)

下顎前突(受け口)

下顎前突とは、いわゆる「受け口」のことです。下顎の歯全体が上顎の歯全体より前に出ている状態をいいます。咬み合わせが反対になるので「反対咬合」ともいいます。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)の症例

  • 下顎前突(受け口)
    • [症状] 下顎前突(受け口)
    • [治療法] インビザライン
    • [患者様] 20代 女性詳細

開咬

奥歯をしっかり咬んでも前歯は咬み合わず、上下の前歯にすき間ができている状態です。舌の癖や口呼吸の習慣などが原因で起こります。

開咬

開咬の症例

  • 開咬
    • [症状] 開咬
    • [治療法] インビザライン
    • [患者様] 20代 女性詳細

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列とは、いわゆる「すきっ歯」のことです。歯と歯の間にすき間がある状態をいいます。歯の幅が小さい、または歯に対して顎が大きい場合に起こります。

空隙歯列(すきっ歯)

過蓋咬合

咬み合わせが深く、上顎の歯が下顎の歯に大きく重なっている状態です。下顎の歯がほとんど見えない場合や、上顎の内側の歯茎に下顎の歯が常にあたっている場合もあります。

過蓋咬合

交叉咬合

上下の歯列が横にずれて、咬み合わせたときにどこかで交叉し、咬み合わせが逆転している状態です。交叉する場所が複数ヶ所の場合もあります。

交叉咬合