子どものマウスピース矯正(インビザライン・ファースト)

子どものマウスピース矯正「インビザライン
・ファースト」完成物薬機法対象外

インビザライン・ファーストは、混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)にある子どものためのマウスピース型矯正装置です。

インビザラインは、これまで主に永久歯が生え揃う時期の矯正治療(第2期治療)で使用していましたが、インビザラインシステムの技術進歩により、乳歯と永久歯が混在する時期の矯正治療(第1期治療)からの使用が可能になりました。

インビザラインの詳細はこちら

― インビザライン・ファーストなら ―\ お子様も親御様も安心 /

  • 透明で目立たない

    透明で目立たない

    見た目に装着していることがほとんどわかりません。「お友達にからかわれるのが心配」など見た目に抵抗があるお子様も受け入れやすい矯正装置です。

  • 虫歯のリスクを最小限に

    虫歯のリスクを最小限に

    マウスピースは簡単に取り外し可能。食事や歯磨きも普段通りに行えるので、従来の矯正装置と比較して虫歯のリスクを下げることが可能です。

  • 遊び、スポーツ時も安心

    遊び、スポーツ時も安心

    マウスピースは薄くて滑らかな素材を使用しています。転倒したり、ボールが顔に当たっても矯正装置によるケガの心配はありません。

  • 通院回数が少ない

    通院回数が少ない

    2週間毎のアライナー取り替えはご自宅で行います。通院は1.5~3ヶ月毎と少なめです。親御様の送迎の負担も最小限に。

― インビザライン・ファーストの ―特徴

  • 萌出タブ・萌出スペース
    完全萌出していない歯牙の過剰萌出を防ぐための「萌出タブ」、永久歯列が未萌出または萌出途中にある歯牙に対しては「萌出スペース」を設定することが可能です。

    完全萌出していない歯牙の過剰萌出を防ぐ「萌出タブ」、永久歯列が未萌出または萌出途中にある歯牙に対する「萌出スペース」を設定できます。

  • コンプライアンス・インジケータ
    装着時間に応じて色が変化するようデザインされています。おおよそのアライナー装着時間を確認することができます。

    装着時間に応じて色が変化するようデザインされています。お子様のおおよそのアライナー装着時間を確認することができます。

- インビザライン・ファーストの注意点 -

※1日20時間以上のアライナー装着が必要
食事の後にアライナーを装着し忘れるなどして決められた時間(1日20時間以上)アライナーを装着しないと、矯正期間が延びたり矯正結果に影響がでます。患者様の協力が最も重要です。
※インビザライン・ファーストの適応条件
第一大臼歯を有し、切歯(乳歯もしくは永久歯)の少なくとも2歯が2/3以上萌出していること。また、少なくとも3/4顎 に乳歯(C、D、E)または未萌出の永久歯(3、4、5)を2歯以上有していることが必要です。

― インビザライン・ファーストの ―期間と流れ

全体の流れは従来の矯正治療と同様、乳歯と永久歯が混在する時期(小学校低学年)の「第1期治療」と、永久歯が生え揃う時期(小学校高学年~中学校以降)の「第2期治療」に分かれています。

なお、インビザライン・ファーストでは治療開始より1年半以内を目安に第1期治療を完了。その後、永久歯が生え揃うまでリテーナーを装着しながら経過観察を行い、必要に応じて第2期治療を行います。

  • 一期治療

    小学校低学年
    乳歯と永久歯が混在する混合歯列期の治療
    インビザライン・ファースト

    インビザライン・ファースト期間:1年半以内

  • 二期治療

    小学校高学年~中学校以降
    永久歯が生え揃った以降の成人と同じ治療
    インビザライン

    インビザラインなど大人と同じ矯正装置期間:症例による

― インビザライン・ファーストの ―費用

従来の子どもの矯正費用と同様に、当院ではインビザライン・ファーストを何歳から始めても矯正完了までのトータル費用は変わりません。

一期治療小学校低学年
(乳歯と永久歯が混在する混合歯列期の治療)
インビザライン・ファースト600,000円+税
二期治療小学校高学年~中学校以降
(永久歯が生え揃った以降の成人と同じ治療)
※ 選択する矯正治療費用と一期治療費用との差額のみのお支払いとなります。
マウスピース矯正(インビザライン)865,000円 - 600,000円 = 265,000円+税
唇側ワイヤー矯正725,000円 - 600,000円 = 122,500円+税
舌側ワイヤー矯正(ハーフリンガル)1,050,000円 - 600,000円 = 405,000円+税

\ まずはご相談ください /

子どもの歯並びについては早期にご相談をいただくことで、将来の歯並びに悪い影響を与えるような生活習慣の改善や、適切な矯正治療の開始時期と治療方法を見極めることができます。結果、最終的な歯並びがよりよくなる可能性が高くなります。お子様の歯並びで気になることがあればまずはご相談ください。

なお、当院ではお子様の歯並びに問題がある場合には、「第1期治療」を小学校低学年より開始して骨格的な異常の改善などに取り組むことが望ましいと考えています。
そうすることにより、「第2期治療」をより正確に行えるという大きなメリットが得られます。

  • 抜歯や骨格の外科的な手術を
    回避できる可能性が高くなる
  • 「第2期治療」の期間を
    より短くできる
  • 最終的に
    より綺麗な歯並びになる
無料初診相談を
随時受け付けております。

\ お気軽にどうぞ /

無料初診相談はこちら