不正咬合の種類と症例CASE

叢生(乱ぐい歯・八重歯)の症例 - 05

矯正前
矯正後
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)
叢生(乱ぐい歯・八重歯)

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

主な症状
叢生(乱ぐい歯)
患者様
20代 女性
治療法
マウスピース矯正(インビザライン)
動的治療期間
当初予定:-ヶ月 実際の期間:20ヶ月
抜歯の有無
抜歯なし、IPRなし
費用
900,000円+税
(精密検査・診断料 35,000円+税、矯正費用 865,000円+税)
想定リスク等
抜歯やIPRを行わずに側方拡大のみでスペースを作るのため、側方拡大による歯列の幅の広がりが十分でない場合は、歯がきれいに並びきらない可能性があり、その場合はIPRを行う予定であった。最終的に、側方拡大が順調に進みIPRは行わず。
その他、矯正治療全般に共通する代表的な虫歯、歯周病、歯根吸収、後戻りなどのリスク。
【担当ドクターのコメント】
患者様が毎日20時間以上のアライナー装着を厳守していただけたことに加え、顎の骨幅があり十分に側方拡大ができたことが、治療の良好な経過につながりました。