不正咬合の種類と症例CASE

下顎前突(受け口)の症例 - 02

矯正前
矯正後
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)
下顎前突(受け口)

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

主な症状
下顎前突(受け口)
患者様
10代 女性
治療法
マウスピース矯正(インビザライン)
動的治療期間
当初予定:36-48ヶ月 実際の期間:24ヶ月
抜歯の有無
非抜歯
費用
900,000円+税
(精密検査・診断料 35,000円+税、矯正費用 865,000円+税)
想定リスク等
アライナーによる下顎臼歯の遠心(後方)移動が計画通りに進まない場合は、抜歯の計画に切り替える必要あり。(実際には抜歯はせず。)難症例のため治療期間が長引く可能性。
その他、矯正治療全般に共通する代表的な虫歯、歯周病、歯根吸収、後戻りなどのリスク。
【担当ドクターのコメント】
他院では外科矯正をすすめられていたという経緯もありながら、抜歯のIPRもせずに治療を開始した症例です。前歯が完全逆転の受け口で、本来ワイヤー矯正であれば必ず抜歯が必要な症例ですが、「抜歯をできるだけしたくない」という患者様のご希望により、インビザラインによる非抜歯での治療計画から始めました。
非常に難しい症例であることを患者様もご理解され、しっかりと毎日20時間以上のアライナー装着を厳守されていました。初回計画(アライナー数89個、約2年)およびリファインメント(治療計画と実際の歯の移動の誤差を修正するためにアライナーを追加作成して行う追加矯正)も含めて、トータルで約3-4年と長期間の治療になることも想定していましたが、結果、抜歯も行わずに、初回計画のみで完了することができました。