こんなに違う!?欧米と日本の矯正の考え方

こんにちは。京都・河原町歯科医院のDr.江口です。
今日は「欧米人と日本人の矯正の考え方」についてのお話しです。

欧米では、「矯正するのが当たり前」という社会環境になっています。先進国の多くは、日本より高い確率で歯列矯正が行われており、一般的な家庭の子どもが矯正するパーセンテージは、日本の倍以上あるのではないでしょうか。欧米の人たちは、日本人の口元を見て、歯並びが悪いのになぜ矯正をしないのか?と疑問に思うようです。

欧米の方に比べて日本人の多くは顎が小さく歯並びが悪くなりやすい状況にあります。高度成長により食生活が変化し、骨格が変わって、どんどん小さい顎になっていることが理由の一つです。けれど、日本人は歯並びが悪くてもあまり気にしない方が多いのが現状です。

欧米と日本人の矯正に対する考え方の違いはどこから来るのでしょう?

アメリカで実際に見聞きしたことですが、、、

「ドラキュラ・トゥース(ドラキュラの歯)」は嫌われている。この「ドラキュラ・トゥース」って何のことだと思いますか?

「ドラキュラ・トゥース」とは「八重歯」のことなんです。欧米と日本の歯並びに対する価値観の違いには、宗教的観念も影響しており、日本では「八重歯はかわいい」と言われることもありますが、キリスト教文化圏である欧米では、「八重歯」にはドラキュラのイメージが強く、「八重歯は治す」という考え方が浸透しているのです。

また、欧米では歯に対してお金をかけることが、一種の社会的ステータスになっています。特にアメリカでは「歯列矯正ができる人=裕福な家庭」と見られることが多いため、矯正装置が見えることへの心理的抵抗は少ないようです。アメリカのホームドラマで、よく矯正装置をつけた子どもが登場するのは、ステータスの表現になっているからなんですね。

その他にも、アメリカでは会社が従業員の子供に対して矯正治療のお金を出す企業保険のシステムがあるということを聞きました。それくらい、歯に対する投資というのが社会的に浸透しているということです。審美的にもプラス、健康のためにもプラスであるため、歯列不正は治療して整えるべきだ、という考え方が通念となっているようです。

このような背景も、影響しているんですね。

なお、先に書いたように、アメリカでは矯正をしていることがステータスの証になるため、従来のワイヤー矯正においては裏側矯正もより見えて、より目立つ表側矯正が好まれると聞きいていましたが、近年では、アメリカでもその手軽さ・便利さから「インビザライン」による矯正が人気です。

インビザライン開発者自身が、ワイヤー矯正を体験した時に「何故こんな不便な装置でしか矯正できないんだ」とストレスを感じ、インビザラインの開発に至ったという経緯があります。その方はアメリカ人です。目立ちたいし、矯正をしているというステータスがあるかもしれないけれども、やはりラクであることに越したことはありませんよね。

また、新しい先進技術に対して、国民が敏感である国なのでしょう。先進技術をたくさん生み出し、国民が技術を受け入れ歓迎する素地がある感じで、羨ましいお国柄と言えます。

→ インビザラインについての詳細はこちら



京都・河原町歯科医院では、矯正治療に関する無料初診相談を行っています。

河原町歯科医院・矯正担当医 江口公人

ご自身の歯並びの現状を知ったり、
矯正治療に関する疑問や不安を解消する場としてぜひご利用ください。